髪のコシとハリ

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

髪にコシやハリがある状態とは髪の表面を覆うキューティクルが整っていて、髪の1本1本がしっかりしている状態です。

日本人の平均的な髪の太さは0.07~0.08mmくらいで、これより細いと髪の毛のコシやハリが失われてしまいます。これは加齢、血行不良、女性ホルモンの減少などが原因で起こります。

髪の色が薄いと紫外線が髪の内部まで浸透しやすくなり、毛髪のたんぱく質が分解されてコシやハリが失われてしまいます。カラーリングの際に明るくしすぎるのは注意しましょう。

髪の毛の硬さは表面のキューティクルの厚みが関係しています。キューティクルの厚みがなくなると髪がダメージを受けやすくなるので、コシやハリをキープするならヘアケアでキューティクルを意識しましょう。

カテゴリー: 抜け毛・薄毛の対策 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

頭皮の悩みの上へ