髪と睡眠の関係

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

睡眠が髪に影響を与えているのはご存知でしょうか?睡眠の質はかなり重要な要素の一つです。

睡眠は体内の溜まった疲労を取り除き、傷ついた細胞を修復してくれます。だいたい6~7時間が適切とされています。良い睡眠とは、その人にあった睡眠時間が取れていて、熟睡し、翌日すっきり目が覚めることです。

睡眠不足は、身体的・精神的に悪影響を及ぼします。髪や頭皮においては、頭皮の細胞や毛の毛母細胞が修復せず、新たな細胞が作られにくくなります。これは徐々に毛が細くなり、抜け毛や薄毛の原因となります。

睡眠の質を上げるにはいくつか方法があります。お風呂に入って体温を調節したり、照明を使って明るさを調整したり、リラックスした音楽を流したりなどです。睡眠を妨げるものとしてカフェインとタバコがあります。寝る前にはなるべく取らないようにしましょう。

あと基本的なことですが、規則正しい生活をすることです。毎日の生活リズムを一定にすることで自律神経のバランスが保たれ、睡眠がしやすくなります。現代生活ではなかなか難しいかもしれませんが、意識して変えていきましょう。

カテゴリー: 髪に良い生活習慣 | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

頭皮の悩みの上へ